13は穴の香り。

アクセスカウンタ

zoom RSS 小倉記念予想 「展開の利」

<<   作成日時 : 2007/07/28 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小倉記念といえば、メイショウカイドウ メイショウカイドウといえば武豊というぐらいに ここを得意としているコンビが出走してくる。
昨年こそ、早いペースと早い時計決着の急流に飲み込まれての6着、59.5kgのトップハンデを背負って展開向かずも勝ち馬から0.5秒負けに踏みとどまった姿は地力の違いといえるわけだが、小倉大将としてはトップハンデでも勝っておきたかったところか。。。

結果3連覇ならなかった小倉大将コンビだが、出てくるとなれば格好の基準になることは間違いなく、どの馬が勝つにしても勝ち馬から0.5秒までの着差には収まると考える。

では、この馬が勝利した年はどんな展開だったのか、
04年 メイショウバトラーが逃げて粘る展開で2着、当のメイショウカイドウは好位先行から軽く撒くって楽勝の内容。
メイショウバトラーのハンデが54kg その他5頭も54kg馬が揃って、少々実力差あるメンバー構成といえる、勝ちタイムは1.58.5 2着と1馬身、3着とはそれから3馬身離して完勝。

05年 逃げた54kgグリーンプレジャーが途中で自滅、変わって先頭に立った53kgスパルタクスも粘りきれずに8着となる出入りの激しい流れでメイショウカイドウ58.5kgトップハンデが後方一気の差し切り勝ち2着ワンモアチャッター54kgも、後方からの追い込みで0.1秒差、3着も0.2秒差の接戦、さすがに58.5kgでは やっとの1着で時計は1.58.0 ここらがメイショウカイドウの時計的な限界か、、

繰り返すが、昨年の流れは
強い逃げ馬 コンゴウリキシオー57.5kgが引っ張る流れ、トップハンデ59.5kgのメイショウカイドウが並びかけるが 差し馬の切れに屈した形 時計は1.57.8 メイショウカイドウは1.58.3
今年のメイショウカイドウも59.5kgで1年振り出走という事を考えても時計は1.58.0まで。。

昨年から開催日が繰り上がった事も、時計勝負に拍車を掛けそうでもあり
ハンデ差と逃げ馬の作り出すペースが鍵、1.58.0より早い決着だとメイショウカイドウは少々苦しい感じがする、もっとも馬券圏内まで考えれば軽くは扱えないのだが、、

【小倉記念 GV 全頭検査】

消去1:トリリオンカット 55kg
早い時計を持っている事と重賞勝ち馬である点は認めるが、ここ2走は いくら苦手な時計のかかる力勝負とはいえ負けすぎの感、次走の新潟記念あたりでは狙えるかもしれないが今回は善戦しても5着が一杯だよ。

消去2:アラタマサモンズ 52kg
逃げて1000万卒業後の初重賞挑戦だが、勝ちっぷりも時計的にも苦しいと見る。
唯一不気味なのは、この馬の半兄アラタマインディが1000万勝ちから、小倉記念を連勝で初重賞勝ちしている点だが5kg軽くなったからといって持ち時計を2秒も短縮する逃げは打てまい、、

消去3:ホッコーソレソレー 55kg
重賞善戦馬が定位置化してきた感がある、今回軽量ハンデ生かして思い切った競馬をするとの陣営コメントも池添騎手騎乗では、後ろから行ってどこまで、、距離も微妙で全く伸びてこない可能性に賭けるよ、

消去4:ソリッドプラチナム 52kg
ヴィクトリアマイルのスロー勝負ショックから一転して、好走した前走マーメイドSは一定の評価はするが、陣営コメントにも有るように 「前が止まってくれれば・・・」は、牝馬通しの一戦ではあっても、今回は前が止まって尚且つ、地力でもう一伸びが出来る馬でなければ足りないはずで、しかも同じ牝馬でも哲っちゃんの方が力あるでしょ、、で気持ちよく切るよ、

消去5:アップドラフト 54kg
週初めには、本命を打とうかと思った馬だが父の血やダート戦績が物語るように 粘っこい競馬が身上と見る1年振りの前走も上々の動きを見せたし、このコース得意な川田騎手にもどって穴人気しそうな気配だが 大好きなエルコンドルパサー産駒でもあり、ローカル大将では終わって欲しくはないという願いもこめて消すよ。。
*1年振りの出走での好走は疲れが出ることも考慮したい。

消去6:ニルヴァーナ 53kg
前走は、4角から馬群に入って直線で抜け出すロスの無い完璧騎乗でのVはさすが武豊というところ、今回も少頭数で展開向く可能性もあるが、古馬重賞常連組に混じっての幸騎手乗り代わりは、いかにも痛い。。あるいは武騎手騎乗ならと思わせる馬で非常に惜しい。。

消去7:メイショウカイドウ 59.5kg
今回基準にさせていただいた大将ではあるが、ここらで消させていただく。
勿論、小倉大将に敬意を表して3着候補では馬券にいれるつもりだが、、今回の1年振り出走がハンデ面では損をしてしまった感じがする、高齢馬が走らないとは全くもって思っていないのだが、少なくとも8歳になって競争能力の上積みが期待できないわけで、実際は1走挟んで凡走していれば58.5kgとは言わないが59kgぐらいにしてもらえたのでは。。。がんばってもらいたいが。

ザクザク切って残りは5頭

・ニホンピロキース
・サンレイジャスパー
・スウィフトカレント
・タガノデンジャラス
・ヴィータローザ

しばし考えて、結論を出します。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小倉記念予想 「展開の利」 13は穴の香り。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる