13は穴の香り。

アクセスカウンタ

zoom RSS 回顧反省 NO.055・・小倉記念GV

<<   作成日時 : 2007/07/30 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

このブログは、ほぼ当たらない予想を配信し続けている事は、ありがたい読者の方々には 認知されていると思っている”走るスンビラン”です。。。

私も、コヅカイで打ってる身ですから名より実、的中率より回収率 向上を目指しているわけで、当たらない予想が連続されることは折込済みなんですが、、
それにしても、人気薄の◎が4着に激走だとか印が違えば高額配当だったのに などの明るい話題 俗に言う ”おもしろい馬券”の掲載を目指しつつ20回に1回ぐらいは大きいの当たらないかな。。っていうのが今のところのスタンスかなー、、

だったら今回の小倉記念ってなんだったの??
◎にしたタガノデンジャラスは全くデンジャーな素振りも無く惨敗するし、▲にしようとしたニホンピロキースを寸前で△に落として、メイショウカイドウを持ち上げちゃうしで とんでもない予想でした。

全頭検査の見方自体は、ところどころ 的を得たこと言っているが打印作業が上手くいかない。。 ハンデ戦に対峙する心構えが 弱いな、切るときはバッサリ!買う馬は全力買いです、その為のハンデ研究でしょうが、、

そんなこんなで、細かな展開回顧はしないけど、
戦前の全頭検査で1着-3着馬を振り返っておこか。

1着:サンレイジャスパー
昨年は51kgで4着に健闘、先行馬軒並み崩れる中1.58.2は立派。
今年は2kg増えたわけだが、調子は絶好調の夏娘に慣れた佐藤騎手騎乗で1.58前半の勝負は十分可能と見て、今回は買い。


って書いたとおりにレース時計が1.58秒台の展開になって届いてしまいました。
もう少し素直に評価しようよ 自分。。

2着:ニホンピロキース
今回の展開を握る逃げ馬、前走控えて伸びなかった事が不満の陣営は積極的な競馬をするとのことだが、1枠から押しての先頭と競って行きそうな馬もいない流れでは、平均ペースか、、そうなると好位勢に有利な流れを演出しそうでは有るが、その場合は自身が残れる可能性も秘めているし、絶好調期らしいので3着は十分ある、今回は買い。

3着どころか2着に残っちゃったよ、でも予想した逃げの展開ではなかったので、、、
ハンデ戦で逃げるはずの馬が 逃げない、発走除外なんて事が続いているので注意が必要。
夏場は絶好調宣言信じようね。。

3着:アラタマサモンズ
逃げて1000万卒業後の初重賞挑戦だが、勝ちっぷりも時計的にも苦しいと見る。
唯一不気味なのは、この馬の半兄アラタマインディが1000万勝ちから、小倉記念を連勝で初重賞勝ちしている点だが5kg軽くなったからといって持ち時計を2秒も短縮する逃げは打てまい、、


確かに2秒は短縮できなかったが、ざっと1.7秒ぐらいは短縮できました。
そしたら 3着には十分だということか。。。

来週は、どんな刺激的な予想ができるでしょうか。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1600万の万馬券の実物
1600万の万馬券なんてあるわけないと思ってたら本当にあったんですね・・・画像があるんでマジみたいです。 ...続きを見る
競馬予想でお悩みのあなたへ
2007/07/31 20:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回のキーはアラタマサモンズでしたね。
前走で勝っているのに斤量が大幅に
下がっているのはニルヴァーナと
アラタマサモンズの2頭だけでした。
その上、実質斤量負担では相当有利な
状況・・・前残りを想定していただけに
押さえる必要があったなぁと反省しています。
走るスンビランさんの見解と合わせれば
買い材料としては充分だったなぁ・・
けん♂
URL
2007/07/30 14:27
けん♂ さん ドモー
そうですね、ハンデ戦での3着候補の取捨は結構難しいと感じています。
連対候補に絞っていって、残った馬で印を配分するという単純な作業では無いような。。
かといって3着候補を考えすぎると全く絞れなくなりそうですし、1度連対候補に絞ってから 3着候補を改めて探すとか、、のほうがいいのでしょうかね? うーん考えちゃいますね。アラタマサモンズは血筋的には切りにくかったんですが、この辺をどう残せるかが予想のセンスですね。
走るスンビラン
2007/07/31 06:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
回顧反省 NO.055・・小倉記念GV 13は穴の香り。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる