13は穴の香り。

アクセスカウンタ

zoom RSS ウオッカよ君は何を求め、何処へ行くのか。。。

<<   作成日時 : 2008/05/18 10:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今年のG1ヴィクトリアマイルは、ダービー馬の出走こそあれ昨年に比較しても やや役者に不足有りの感は否めないようで、出走馬の世代も昨年に比較して4歳勢が中心となり、重賞実績も少な目なメンバー構成。。。

4歳12(8)頭、5歳3(4)頭、6歳2(5)頭、7歳1(1)頭
重賞の総勝利数は11(23)勝
()内は昨年の出走頭数

ちなみに昨年のメンバー
ほぼ 実績どおりの人気でしたが、勝ったのは12人気のコイウタ、2着が重賞未勝利 但しGTでも2着好走歴の有った9人気アサヒライジングが逃げ粘り、3着に8人気のデアリングハートが飛び込んでの大波乱でした。。。

(人気は前日のもの)
F(2人気)スイープトウショウ:6勝 G1・・3勝 06年はG1・・0勝
M(4人気)アドマイヤキッス:3勝  G1・・0勝 G2・・1勝
A(3人気)ディアデラノビア:2勝  G1・・0勝 G2・・1勝 
E(1人気)カワカミプリンセス:2勝 G1・・2勝(1着降着1回)
G(6人気)キストゥヘブン:2勝   G1・・1勝(桜花賞)        
O(9人気)デアリングハート:2勝  G1・・0勝 G3・・2勝
C(10人気)コイウタ:1勝      G1・・0勝 G3 
D(7人気)フサイチパンドラ:1勝  G1・・1勝(繰り上がり)       
H(15人気)スプリングドリュー:1勝 G3
J(18人気)ソリッドプラチナム:1勝 G3 
P(5人気)ジョリーダンス:1勝    G2
Q(13人気)ビーナスライン:1勝   G3



今年の重賞実績は以下、、ウオッカ、ベッラレイア、エイジアンウインズ、ジョリーダンス辺りは重賞実績に近い評価をされているが、ブルーメンブラット、ニシノマナムスメ辺りは安定感から買われているように見受けるがGTでどこまでか、、
現4歳世代 最強説がそのまま出走数に表れていると見るのか否かによっても予想結果に大きな違いが出そうである。

H(1人気)4歳馬 ウオッカ:3勝 GT・・2勝 GV・・1勝
D(9人気)4歳馬 ピンクカメオ:1勝 GT・・1勝
B(7人気)4歳馬 ローブデコルテ:1勝 GT・・1勝
P(3人気)4歳馬 ベッラレイア:1勝 GT・・2着1回 GU・・1勝 
C(6人気)7歳馬 ジョリーダンス:1勝 GU・・1勝 2着1回
E(5人気)4歳馬 エイジアンウインズ:1勝 GU・・1勝
O(10人気)4歳馬 マイネカンナ:1勝 GV・・1勝 2着1回
K(13人気)6歳馬 ヤマニンメルベイユ:1勝 GV・・1勝
I(17人気)4歳馬 アルコセニョーラ:1勝 GV・・1勝

Q(11人気)4歳馬 レインダンス:0勝 GT・・2着1回 
A(4人気)5歳馬 ブルーメンブラット:0勝 GU・・2着1回
L(2人気)4歳馬 ニシノマナムスメ:0勝 GU・・2着1回 GV・・2着1回

牝馬限定のGTとはいえ、単なる重賞好走歴も無く いきなり嵌ったから勝った!とは行かないはず、、
精神的にもデリケートな牝馬であれば 尚の事 大舞台慣れが無駄な消耗を防ぐはず。
昨年に覇者「コイウタ」にしても、単に展開が嵌ったとは思えず 同コース同距離のデイリー杯 GVを3歳時に快勝していた、勿論 松岡騎手の位置取りも絶妙では有ったが この馬自身前走の 牡馬相手のダービー卿GVで2着と好調期でもあった。 GT常連組のスイープトウショウなどの古馬勢の影に隠れてしまった結果の人気薄でも有ったと言える。


最強古馬牝馬であろう ダイワスカーレットがいないレースですから、極上レベルで行われた「秋華賞」を物差しとしたい。。
心情的にはウオッカの復活に期待ですが、ここは彼女の到達点では無く 通過点ココを好走して 牡馬相手にGT制覇を目指して欲しい。。

◎18 レインダンス
○9  ウオッカ
▲17 ベッラレイア
△13 ニシノマナムスメ

【買い目】@1400
馬単:box18−9−17 @100×6
3連単:18,9→18,9,17→18,9,17,13 @100×8

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
わたしもレインダンスには好感。
そして同コース同距離の実績、少し荒れてきた馬場・・と言えば、ピンクカメオ。
jin
URL
2008/05/18 13:41
jinさん 
現4歳牝馬は一定の強さがありますね、、
5,6歳世代の強い馬達が死亡したり、引退したりということもあり ウオッカ、ダイワスカーレット、今回のエイジアンウインズ等々牡馬ともそこそこ渡り合えそうな気がしています。。。
走るスンビラン
2008/05/20 09:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ウオッカよ君は何を求め、何処へ行くのか。。。 13は穴の香り。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる