13は穴の香り。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3重賞、兆しは見えたが、、、まだまだ辛抱。

<<   作成日時 : 2008/11/26 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

←収支、勝敗ともに大きく負け越している状態です、残り1ヶ月で逆転を狙う!


【東スポ杯2歳S G3】
1着 ナカヤマフェスタ 9人気
勝ったのは前走新馬戦を勝ったばかりのナカヤマフェスタ、中段で折り合って直線で仕掛けられると1番人気ブレイクランアウトの猛追を凌いだ、並ばれてから全く差を詰めさせなかったシブトイ脚は父ステイゴールドが勝ちきれずとも必ずゴール前で伸びてきた情景を思い起こした。一気のレベルアップ戦に対応できるあたりは、父の血を感じる。
今回狙ったセイクリッドバレーは大外枠を克服できずに最後方を追走して差して坂で勢い落ちたようにも見えた、平坦コース向きだったのかもしれない、中京コース、京都コースで見直してみたい。ブレイクランアウトは位置取りが後方過ぎたことと、コース取りにロスが有ってのクビ差2着で次走に期待したいが、詰められなかったクビ差に距離的な限界も見え隠れしたがどうだろうか。。。

◎14 セイクリッドバレー 7着(10人気)
○2 ブレイクランアウト  2着(1人気)
▲4 スズカワグナー    5着(3人気)
△11ピサノシンボル   13着(6人気)


【マイルチャンピオンシップ G1】
1着 ブルーメンブラッド 4人気
マイネルレーニアの逃げで始まったが、絡んでいくはずのコンゴウリキシオーが3番手、ローレルゲレイロも好位、、1000m通過が57.9秒は想定内でも速くない方の流れで、先行、差し脚質問わずに強いマイラーが勝てる流れになった。勝ったブルーメンブラッドは内側を進み2着のスーパーホーネットは不利を嫌って大外からの直線勝負に出たわけだが、結論 抜けたマイラー不在だったということだろう、今回の◎ジョリーダンスもマイラーでは無い事は百も承知で内枠+初ブリンカーと言う事で緩い流れから最後だけチョイ差しをイメージした訳で、出遅れた瞬間にあきらめはついていた、吉田豊騎手の好判断にブルーメンブラットの好調期が重なったという結果だろう、、おめでとう。
とはいえウオッカ、ダイワスカーレットが2000m以上を指向してしまうと このマイラー層に一抹の寂しさを感じる。

◎5 ジョリーダンス   15着(17人気)
○10ラーイズアトニー   9着(14人気)
▲13サイレントプライド  14着(6人気)
△15スマイルジャック  11着(8人気)


【福島記念 G3 ハンデ】
1着 マンハッタンスカイ 7人気
確かにローカル重賞では一流だ、、芹沢騎手
穴人気のレオマイスターの逃げとは驚いたが3角早々に自滅する同馬をやり過ごして先頭に立つと、シブトイ脚で粘りきった。私の◎グラスボンバーは一度は直線で2着確保か?という絶妙な追い込みだったが57kg背負った分か?最後止まってしまい3着まで、4着にまだ見限れないと△印打った13番人気のフサイチアソートが差してきたのは画面ではわからなかったが、2着のマイネルキッツさえいなければ、、たられば140万馬券が逃げていった瞬間。。
予想の段階ではマイネルキッツも5番手辺りには残っていたので、そちらは自分の選択ミス、購入馬券は当たっていないので相変わらず連敗中ということになるが、これが浮上のきっかけになればと思う。

◎14グラスボンバー  3着 (14人気)
○4マンハッタンスカイ 1着 (7人気)
▲11ブレーヴハート  11着(5人気)
△5フサイチアソート  4着(13人気)


今週はいよいよ! ジャパンカップ
外国からは4頭が出走予定、角居厩舎の3頭だし、3世代のダービー馬がぶつかり合う。
冠だけは豪華な雰囲気だが、ラスト1走のメイショウサムソン、中山専用馬のマツリダゴッホ、牝馬の古馬G1 連勝??、デットーリー不在などが、推理を複雑にさせる要因だろう。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3重賞、兆しは見えたが、、、まだまだ辛抱。 13は穴の香り。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる