13は穴の香り。

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャパンカップをちょっと洗う。

<<   作成日時 : 2008/11/27 08:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

過去の傾向を調べただけでは予想は的中しないことは百も承知だが、ジャパンカップ好きとしては懐古混みで洗ってみたくなるものです。。。

人気、配当面からみると、、
過去10年間。。。この10年間というのが結構ミソかもしれません、というのはサンデーサイレンス産駒がJCに初めて出走したのが1996年ダンスパートナー、それ以前と以降という見方ができるかもしれませんので、過去10年の傾向が今年以降も通用するのか?現実的にはまだサンデーサイレンス産駒マツリダゴッホがいたり産駒の産駒や母父サンデーサイレンスが多数出てきているので、どう読むのかは難しいのだが。

ここ10年では、あまり大きく荒れてはいないG1と言える
10回開催して、荒れた2002年開催の9番人気-11番人気-1番人気決着が府中コース改修のために中山競馬場で行われた年だった、それを除くと9回中7回までが1着〜3着馬が1番人気〜5番人気で決着しているというわけで『なんも 考えられねー!』というむきには1番人気〜5番人気の3連複BOX買いがお勧めです、が前出の話に戻りますが、ここまでの10年とこれからの10年が同じ傾向なのかはこれからの話ですが。。。

ちょっと乱暴に過去10年間をサンデーサイレンス産駒全盛時代のように表現しましたが、決してサンデーサイレンス産駒ばかりが勝利しているわけではありません、

2006年ディープインパクト、
2004年ゼンノロブロイ
1999年スペシャルウィーク

と勝ったのは3頭、2着まで広げても2005年ハーツクライが追加されるのみ、10年間で3頭優勝ならそれなりの活躍と言えるでしょうが、それが人気的に1〜5番人気で平穏に決着しているという、こじつけにはなりませんので、もう少しじっくり眺めてみると。。。

サンデーサイレンス産駒世代が席巻している訳ではなく、実力面で未知数な外国馬の出走数が減っているのでは??ということに今更ながら気付くと思います。

出走頭数に対する外国馬の割合/優勝馬/1着2着3着馬の人気 (着順)
2007年 22% /日本/5-4-1 アドマイヤムーン
2006年 18% /日本/1-5-3 ディープインパクト
2005年 33% /外国/3-2-1 アルカセット
2004年 31% /日本/1-2-7 ゼンノロブロイ
2003年 50% /日本/5-4-1 タップダンスシチー
2002年 44% /外国/9-11-1 ファルブラヴ 中山開催
2001年 47% /日本/2-1-5 ジャングルポケット
2000年 44% /日本/1-5-2 テイエムオペラオー
1999年 43% /日本/2-12-7 スペシャルウィーク
1998年 40% /日本/3-2-1 エルコンドルパサー
1997年 43% /外国/3-2-1 ピルサドスキー
1996年 40% /外国/4-7-10  シングスピール↑ここから サンデーサイレンス産駒 登場
1995年 57% /外国/6-2-7 ランド
1994年 71% /日本/6-2-8 マーベラスクラウン
1993年 56% /日本/6-1-4 レガシーワールド
1992年 50% /日本/5-2-4 トウカイテイオー
1991年 60% /外国/7-2-6 ゴールデンフェザント
1990年 67% /外国/2-9-3 ベタールースンアップ
1989年 47% /外国/9-2-6 ホーリックス
1988年 57% /外国/9-1-3 ペイザバトラー

外国馬の出走数の激減は寂しい限りだが、、
人気通りの決着なっているのが現代のジャパンカップと言えそうだ。。。

なんて、まとめてしまうと。。。穴党の私の出番は無いのでは、、、折角調べたのに 地雷でしたか。。。

『無いのなら、開けてみせます 穴馬券』

と言うわけで穴馬券はもう少し悩んでみます。。

ちなみに今年は、18頭出るとすると 内4頭が外国馬で割合的には 22%あまり、昨年と同じですね。

話はそれるが92年トウカイテイオー、93年レガシーワールド、94年マーベラスクラウン 時代の日本馬は素晴らしい!半数以上が外国馬のレースを地の利が有るとは言え勝ちきり、そのときの2着馬は全て外国馬だったことからも日本VS外国という真剣度合いが双方陣営からも伺える。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【競馬】ジャパンカップ外国馬分析~パープルムーン
今週末はジャパンカップ。やっぱりジャパンカップといえば外国馬の取捨がポイント。1頭ずつ血統分析をやってみる。まずはイギリス代表のパープルムーンから。パープルムーン (Purple Moon)=イギリス せん・5歳・栗毛 (2003年 アイルランド産)父 : Galileo 母 : Vanishing Prairie(母の父:Alysheba) 昨年のメルボルンカップで2着という実績。しかしながら重賞は未勝利ということで実績的には格下。血統的にはNorthern Dancer... ...続きを見る
にたろうの退屈な日々
2008/11/27 22:36
【競馬】ジャパンカップ外国馬分析~シックスティーズアイコン
イギリス代表、シックスティーズアイコン。シックスティーズアイコン (Sixties Icon)=イギリス 牡・5歳・鹿毛 (2003年 イギリス産)父 : Galileo 母 : Love Divine(母の父:Diesis) これもパープルムーンと同じくGalileo産駒。GalileoはSadler's Wells産駒ということで欧州向きで日本の馬場の適正はどう?と思うのだが、この馬もパープルムーンと同じくNorthern Dancerの3X4の近親配合で、ある程度スピ... ...続きを見る
にたろうの退屈な日々
2008/11/27 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
無いんだよ、みんなが言うから穴馬券。
jin
2008/11/29 22:47
jinさん
穴ありましたねー。。。
しかし、ウオッカ消しのディープスカイ買い 
は素晴らしい予想でしたね、、しっかり勝ち馬も拾っていらっしゃるし、一矢を報いるどころか帰り打ちですね(笑)

走るスンビラン
2008/12/01 10:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャパンカップをちょっと洗う。 13は穴の香り。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる