13は穴の香り。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィクトリアマイル回顧とオークス考

<<   作成日時 : 2009/05/20 18:26   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ウオッカが断然の人気と桁外れな独走で勝ちきったヴィクトリアマイル。
私の予想◎ヤマニンメルベイユは15着惨敗だったのですが、予想にも書いたとおり雨を相当見込んで◎を打ち直した結果なのでそれほど気にしていないのだが、2着ブラボーデイジーと3着ショウナンラノビアにしても馬場が多少渋れば上位争いできそうだと思っていただけにそれらの馬が良馬場コンディションでも残れてしまうレースと考えればレベルはそれほど高くなかったのだろう。

◎ヤマニンメルベイユ 15着 13人気
1000m 58.6秒

▲Eウオッカ 01:32.4 5-4 1(1.7)
○Aブラボーデイジー 01:33.6 7 4-4 11(46.8)
−@ショウナンラノビア 01:33.8 1 1-1 7(25.3)
−Dザレマ        01:33.8 ハナ 11-10 4(18.1)
−Kジョリーダンス 01:33.8 アタマ 10-10 6(24.2)

ウオッカにとって東京コースはとても走りやすいのだろう、直線がいくら長くても追えば追うほど伸びそうな雰囲気だったが、、
2着以下のタイムをみるとウオッカが抜けていただけで前週のNHKマイルCの1000m通過タイム57.2に比べても0.8秒も緩い流れを刻み、直線でウオッカが馬なりで抜けるさまを他馬が眺めていた(傍観)ように見えた、その結果仕掛けのタイミングを失い内枠を利して逃げたショウナンラノビアだけならず先行したブラボーデイジーまでが上位に残ってしまったのだろう、4,5着に差し込んだザレマ、ジョリーダンス両馬はダンスインザダーク産駒としては短距離でがんばってはいるが今回は無謀にも勝ちに行った結果だろうから仕方がなかったか。。。
とはいえこの相手(ウオッカ)に勝ちに行こうとする牝馬は現時点でオークス前のブエナビスタしか思い当たらないのでオークス後には日本国内では無駄な事を考える馬は一頭もいなくなってしまうのだろう。


オークスに向けて

今の段階で断然の一番人気になるであろうG1馬 ブエナビスタに難癖つけて候補から除こうとするよりも逆転の1頭を考えるほうが精神衛生上も馬券的中確率にもいいと思うのだが、あえて重箱の隅を突いてみたいと思う、逆転候補がいるのかどうかを考えるのはそれからでも遅くはないだろうし。。。


特集:重箱の隅だよブエナビスタ!!


@道中は後方の内目を追走し直線で大外に出してごぼう抜きという競馬が基本なので、長い直線を考えると追い出すタイミングは直線に入ってから、だとするとペースによっては前を残す可能性がちょっぴり

A例年 良馬場の場合 青葉賞の勝ちタイムより0.3秒程遅い決着になることを考えれば今年のオークスは2.26.5前後の決着となり ここ10年程でも早いほうに入るタイム、時計を持っていないブエナビスタが控えすぎると追走一杯で届かない可能性が少し

B主戦の安藤騎手のオークス戦績はヤマカツリリーの4着が最高着で今までは好成績と言い難いがあくまでも去年までだしここまで人気の馬には乗っていないので心配と言ってもほんのちょびっと

C牝馬の初遠征+1800m以上での実績が無いという点、もしかするとこれが最重要かもしれないがベガの時も同じような難癖つけたけどあっさり勝ったし松田博資

なんと簡単に4つも??死角に気がついてしまったので少々困惑しているが。。

なんだか こじつけばかりだと思う方はどうぞ御自分の「重箱理論」を教えてね。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィクトリアマイル回顧とオークス考 13は穴の香り。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる