13は穴の香り。

アクセスカウンタ

zoom RSS ダービーを振り返る・・今更ですが。。。

<<   作成日時 : 2009/06/04 09:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

先週末 ロジユニヴァースがダービー馬となったところで 3歳牝牡の2冠までが終了したわけですが特に牡馬戦線は色々な条件が絡み合い勢力図的な見方をできずにいるのが現状。。。

秋へつなげる意味でも簡単に総括しておきたいと思います。

これは私だけ感じている事かもしれませんが 
「バ」なのか「ヴァ」なのか「ビ」なのか「ヴィ」なのか覚えにくい、覚えられない。

これは有力馬の馬名についてですが、ブログに記載する際に記憶だけで書こうとすると間違えてしまう事が多々あるのですが、皆さんは完璧に覚えていますか??

それぞれ正しい方に○を付けよ。

第一問 ロジユニヴァース or ロジユニース 
第二問 アンライヴァルト or アンライルト
第三問 ブエナヴィスタ or ブエナスタ
第四問 アントニオヴァローズ or アントニオローズ
第五問 シェーンルト or シェーンヴァルト
第六問 ナカヤマフェスタ or トウキョウフェスタ

私は全て迷います、未だに。。。
全問正解された方は相当の 馬名マニアでしょうか??
正解は一番下↓に書いておきますので、皆さんも何頭わかったか教えてくださいね。



と冗談はさておき。

まずは牝馬から、こちらは非常にわかりやすい状況、秋にはブエナビスタが渡仏するプランもあり秋華賞は本命不在で大波乱の可能性も有りそうですが現時点での見立てはこんな感じ

1.ブエナビスタ 阪神JF、桜花賞、オークス 
2.レッドデザイア 桜花賞、オークス共に2着 ブエナビスタとの着差も縮めている
3.ジェルミナル 桜花賞、オークス共に3着 
4.ディアジーナ 既に重賞は2勝 着をはずさない堅実な先行力で粘りが増せば安定勢力


難しいのは牡馬ですが自分の備忘録的に書いておきたいのが皐月賞〜ダービーの間に漠然と考えていた事、今更というような事ですし馬券に結びつけることができなかったことなのですが、、

アンライバルト
皐月賞での鮮やかな末脚と道中の位置取りだけ見るとダービーでも追い込めそうな印象があったのだが、ダービーでは結果が出せなかった。
ただ皐月賞での彼を過大評価してしまった反省もあり、こんな風に考えてみた。
皐月賞で先行勢が総つぶれした地点とアンライバルトが先頭に進出したタイミングがドンピシャだった?のではないだろうか、それにレースタイムも非常に高速だった事も末脚に対する過大評価につながったのではないだろうかと、、レースは一頭でつくるものでは無いですからタイムが早くてもそれだけで次走への担保とはなりえない。
それと
アンライバルトについてもう一つ気になっていたのがダービー前の調教で長目から何本も追われハードすぎるように見えた事でG1を楽勝した馬にしては??が付くまるで追われる立場の様な余裕の無い雰囲気が気になっていたのだが皐月賞でのライバル達の惨敗がを受け陣営に多少の焦りがあったのかもしれない又初府中コースだったことも少なからず陣営心理に影響していたとも考えられる。 この事についての答えは未だ見つからないが秋に菊花賞に向かうのかどうか、秋初戦でどのようなレース振りを見せるのか、あたりに注目する必要があると考えている(特に折り合い面と仕掛けてから他馬を見ながらジワリと動けるのかどうか)
もう一点
これは皐月賞で追い込んで上位に入った馬全てに言えるのだが、激しい流れを早いタイムで走りきった後の反動は無いのだろうか?
今回のダービーは極悪不良馬場になってしまったために、これらの疑問に対する答えはより不透明になってしまったわけだが、「不良馬場の先行有利な流れだった・・」というだけの回顧では秋につながらないと考えている特にアンライバルトに対しての評価として菊花賞では距離面で??疑問符を付けておきたい。(宝塚記念あたりがしっくりくるイメージもある)

ロジユニヴァース
一連の春クラシック戦線の結果を受け勝手に推測すれば弥生賞がこの馬のピークだったということなのだろう、この馬が弥生賞で逃げて楽勝してから私は評価を下げた、理由は横山騎手がダービーを狙える馬と公言していたにもかかわらず馬混みにいれる競馬をせずに、言うなれば足慣らし程度のダメージ軽減策に出たように感じられたからだ。今から考えれば横山騎手はダービーを狙っていたのでは無く3冠を狙っていたのかもしれないが。。。
連勝馬の最大の弱点は「負けた事が無い」ということになると思うが、皐月賞で惨敗したこの馬が常識破りの巻き返しで次走で最良の結果を出したわけで、陣営にとっても主戦にとっても迷いが無くなったと見て良いと思う。
早い時計が無い、上がり勝負では?、馬混みに入れたことが無い、、などは他の馬達にも同じ事が言えるわけでディープインパクト級がいない事がわかった今となっては この馬が一歩抜けていると現段階では思っている。

リーチザクラウン
皐月賞での惨敗は必然だったと理解しておく。
理由は単純でこの馬は紛れもなく「逃げ馬」だから、逃げられなければ中途半端な着はありえない、反対にマイペースで行けたときには大仕事をやってのける訳で、大仕事の前にはできるだけ惨敗しておいた方がいいだろう。
武騎手が勝つ事を考えて刻むペースは青葉賞でアドマイヤメインが逃げ切ったペースだとは思っていながらジョーカプチーノに魅せられた私はリーチザクラウンに印を打てなかったのだが現状ではこの馬が世代標準ではないだろうかと考えている。この馬に勝てない馬では今後も余程恵まれなければG1は勝てないと見ておく。ダービーのゴール前の差し替えし2着確保の根性は相当な物で気性が成長すればもう一段成績もアップしそうな雰囲気があった。


とりあえずの順位付け
1.ロジユニヴァース  ダービー、
2.リーチザクラウン  ダービー2着
3.アンライバルト   皐月賞 
4.ナカヤマフェスタ、シェーンヴァルト

その他判断難しい馬としては、
ナカヤマフェスタ:後方有利な皐月賞では前目の競馬で8着、先行有利なダービーでは追い込んで4着、運がないのか鞍上の判断力が無いのかといった結果ですが、こおいう馬の扱いは非常に難しいですね、G2、G3では人気になりG1では穴人気になりそうな感じですので買い続けるか、決別するか! 私はかねてから注目馬にしている事もあって今後出走してくれば馬券になるまで◎を打ちつづけることにします。

シェーンヴァルト:毎回掲示板に入るが徐々に人気しなくなってきている点が穴党としては好感度満点。
秋に菊花賞を狙いに行くのでは無く陣営も早々に路線変更してスワンSあたりで軽く負けてからマイルチャンピオンSへ進んでもらいたいものだ、イメージは「メイショウテゾロ」

有力馬が適正を見せた条件・状況があまりにも違いすぎる為に指数系の優劣では判断付けにくいと考えます、レースに行っての姿を記憶しておくことが大事だと考え今のところ混沌としている牡馬勢力図ですが、自分なりにまとめてみました。 秋口には再確認してみようと思います。


【馬名 クイズ 正解】

第一問 ロジユニヴァース
第二問 アンライバルト
第三問 ブエナビスタ
第四問 アントニオバローズ
第五問 シェーンヴァルト
第六問 ナカヤマフェスタ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
全問正解でした。
フランス人なので,いつも「X」が「ヴ」と正しく表記されているか気になってしまって…。
ちなみに,アンライバル「ド」です(笑)。

ジョーカプティーノ本命には驚きましたが,走るスンビランさんらしい攻めの予想だったと思います。いよいよ安田記念で決着となりますが,楽しみですね。私は11.1倍以上つく当たり馬券を探しているところです。
お手柔らかに。
モンジュー
2009/06/04 17:30
「ド」。
モンジューさんに先を越された・・。
jin
2009/06/04 20:45
モンジューさん
バルドだったんだーネタでは無く、本当に今まで間違えて覚えていました。(笑)
ジョーカプティーノはいわゆる ツリですね(笑)

11.1倍ですか。。。私が今回ウオシカの複勝を買うことは折り込まれていないようですが、、、
走るスンビラン
2009/06/04 22:16
jinさん 集計ご苦労様です。
最終戦まで粘ることができて楽しめました、、
ここで逆転されても本望ですので最後は当てに行きます(ムリムリ)
走るスンビラン
2009/06/04 22:18
私からも・・・
ヴィーヴァヴォドカorヴィーヴァヴァドカ
ディヴァインシルバーorディバインシルバー
アサカディフィートorアサカディフォート

迷いやすい馬っていますよね(^^;
けん♂
2009/06/05 01:06
けん♂さん
カタカナなのに読み仮名が欲しくなるような、というか発音記号が必要な名前ってありますよねーだいたいそおいう名前はいい加減に覚えているのが私です、おおめにみてください(笑)
走るスンビラン
2009/06/05 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダービーを振り返る・・今更ですが。。。 13は穴の香り。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる