13は穴の香り。

アクセスカウンタ

zoom RSS 直線一気は??NO.008・・東京新聞杯GV

<<   作成日時 : 2008/02/02 04:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週頭からイメージしていたのは、前走で復調見せたゴールドアグリが内外極端な競馬が真骨頂という噂の勝浦騎手を背に直線辛くも差し切る。。。だったわけだが、バリバリに除外されてしまったので、それでは。。。ということで先ほどまで代替案を考察していて、、、今週も妄想が。。。
ここ3年程の「東京新聞杯」のレース結果を見れば、確かに中〜外の馬が直線だけで差しきっているが、、条件戦やNHKマイルCならいざしらず、こうまで重賞未勝利馬や金杯で初重賞勝利を上げた馬が直線だけで差しきれるものなのかこの重賞は?という疑問。。。

2004年 1着 ウインラディウス 重賞未勝利
2005年 1着 ハットトリック 前走の金杯で初重賞勝利
2006年 1着 フジサイレンス 重賞未勝利
2007年 1着 スズカフェニックス 重賞未勝利

出走メンバーの格は?(複数勝利馬はGV<GU<GT格順で1カウントのみ)
2004年 GT馬:0頭、GU馬:1頭、GV馬:3頭
2005年 GT馬:0頭、GU馬:1頭、GV馬:5頭
2006年 GT馬:1頭、GU馬:2頭、GV馬:2頭
2007年 GT馬:1頭、GU馬:1頭、GV馬:5頭

2008年 GT馬:2頭、GU馬:3頭、GV馬:3頭

今年のメンバーを見ると下馬評的には混戦模様ではあるのだが、混戦であれば有るほど的確に実力上位馬を評価しなければいけないだろう。

◎10 ジョリーダンス 6着(4人気)
7歳牝馬を気にすると本命にはしにくいが、ここを目標に万全の乗り込みで鞍上もペリエ騎手とくれば本気度の高さもうかがい知れる。
昨年春のヴィクトリアマイルでは差して5着だが、32.9秒の切れを見せ、同コースでの安田記念では好位からの競馬で3着と東京1600mの適正は随一!

○9 リキッドノーツ  2着(13人気)
前走の京都金杯では相手なりに走れることを評価して◎を打ったが、輸送で減るはずの馬体重が増えていたのは誤算、スローの外目で距離損の多い競馬の割には1.0秒差なら及第と大甘採点でもう1度期待してみたい、、

▲2 コイウタ  10着(9人気)
どうもヴィクトリアマイルの勝ち方は馬場の特殊状態に助けられた感が大きいのだが、久々の東京コース+松岡騎手で狙ってみたい、昨春の実績からGVぐらいなら牡馬相手でも足りている点でも人気の盲点で。。。

△13 カネトシツヨシオー  9着(7人気)
堅実な末脚で接戦が続いているが秋山騎手に替わって却って仕掛けが甘くなる点で強く3着候補の臭いが漂う、坂上から追って例年なら差し切る場面だが、、私の読みでは今年は3着まで。。。

【買い目】@1800 ハズレ
馬連:BOX10−9−2−13 @100×6
3連複:BOX 10−9−2−13 @100×4
3連単:10,9→10,9,2→10,9,2,13 @100×8

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
直線一気は??NO.008・・東京新聞杯GV 13は穴の香り。 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる