関西弁じゃないやん!

ダイワデッセーが 「ダイワでっせ」と思ってしまったのは 私だけでしょうか??

実力よりも不当に低評価されてしまう馬が気になります。。。

不当な低評価には 様々な理由がありますね。

・名前がへんてこりんでG1馬の雰囲気が無い・・・でも勝たれてしまえば、G1と言ってもメンバーのレベルが低かっ      たね。。。とか 言っちゃうからねー

・前走で大負けして馬柱的に見栄えが悪い・・・戦った相手が強かったり、不利やら体調やらの理由も有るので、、

・騎手がマイナーで G1勝てそうに無い・・・ここが 初G1勝利というレースは誰にでもがあるとすれば、、
 単にタイミングなだけで、かえって騎手の必死さがプラスに働くかも。。

今回のオークスで気になるのは

ダイワデッセー 大阪弁かと、、思って無視してましたが、デッセーは イタリア語の”与える”という意味らしい。

じゃーここで買えるのか?って気になりだしたら、、、オカルトやらサインやら状況証拠のオンパレード

①新場戦でジョワドヴィーブルにぶつける辺りは、陣営的には評価の高いということで、しかも堂々の2番人気で
 結果は慣れないメンディザバル騎乗で8着。。。 セーフセーフ

2戦目 2000m未勝利戦を牡馬相手にあっさり勝利 
3戦目が牡馬相手のオープン2000m戦で 後の青葉賞馬に0.2秒差の10着
4戦目2400m戦で紅一点出走し牡馬に混じって先行 後の青葉賞2着馬に2秒差
5戦目鼻出血後の休み明け 初重賞で3着粘りこみ

②武士沢騎手 前走に続き2戦目 G1初勝利リーチ 追いきりに栗東まで駆けつける 色気満々
③オークスだけにイギリス関係の馬が時々好走 去年はロイヤルウェディングがあり アイルランドの宮廷という意味の名を持つ ”エリンコート”が1着、 アイルランドは元 英領
今年はエリザベス女王の即位60周年 調教師の名前が 国英(松田) まさに 英国・・・これオカルト

④オークス優勝馬を出している スペシャルウィーク産駒 (シーザリオ・ブエナビスタ)

*例年 青葉賞よりオークスのタイムが1~3秒遅くなることが多いので、
今年は2.25.7(フェノーメノ)で2着のエタンダールが2.26.1で梅花賞2400m(京都)の着差が2秒2なので

オークスが2.28秒台なら 勝負圏内と言える。

が、、、東京2000mなら穴騎手の武士沢騎手も2400mは今ひとつといった戦績。。。ですが

状況証拠の揃ったここでの奮起に期待したいところです。

桜花賞組との力関係は気になりますが、この距離経験済みのスタミナ生かして粘り込んで欲しい

最低でも単2千複3千は買いたい気分、後は ワイドで。。。総流しかな、、













阪神JF【G1】

◎プレノタート

父ジャングルポケット 母父ダンスインザダーク とくれば1400mで頭打ちという感も無く。。。
新馬戦につづき 佐藤騎手で2勝目の前走500万戦も ゲートINからゴールまで 尻尾を振り続けてのもので幼さ満載、外目の枠から直線で抜けてこれれば、実績馬の少ない今回は充分勝負になると見た。

単勝 14 @1000

新潟記念

【新潟記念 ハンデ戦】

登録段階ではハンデの開きがワルキューレ48kg~ナリタクリスタル57.5kgで その差9.5kgは大きいなーと思っていたのだけど、、、いざ枠順決まってみると 軽量馬に回避馬が相次ぎ最軽量はプティプランセスの50kgとなった、最重量はそのまま ナリタクリスタルの57.5kgである。

競馬は足し算、引き算では 決まらないが、、損得勘定を少し整理しておきたい。

軽量ハンデ馬には 乗り手を探さなければいけないという ハンデも有って 重ハンデ馬がいるとハンデが軽くなりすぎて体重の軽い騎手の取り合い??が起こるのだろうか。。。

こおいうケースでは微妙な歪みが起きやすいと思うので、穿った見方をしてみたい、、、

ワルキューレが48kg最軽量だった為に特した軽量馬は出走馬中の最軽量馬であるプティプランセスの50kgとも言えるし、その次に軽量53kgエオリアンハープ辺りまでか。。。

今回 そのブエナビスタ世代のエオリアンハーブに期待したい、、
ディアジーナの勝ったフローラSを未勝利勝ち後 即5着に食い込んでいる辺りを評価したい、、

相手も55kgと斤量が有利な ホワイトピルグリムの捲り差しか。。。

3着候補は、同条件の新潟大賞典を56kgで勝って、なんと今回も1kg増の57kgで出られる セイクリッドバレー辺りを狙いたい。。

◎2 エオリアンハーブ
○11ホワイトピルグリム
▲3 セイクリッドバレー







夏に乾杯!「七夕賞」

中山の夏の金杯ともいうべき!

G3 芝2000m ハンデ戦 の予想です。

今回は、キャプテントゥーレの死角が少ないように思えます、、
しかも コスモファントムが金杯の成績から少し ハンデ損をしているような気もしますので、、、

金杯組からはケイアイドウソジンの方を重視しようと思います。
穴馬として期待していたサンライズベガも人気が無いので予想の一端には入れたいと考えますが、

今回簡単には止まりそうにない キャプテントゥーレを巡る最後の直線で飛んでこれるのは早い上がり脚の有る差し馬と見て 本命はオペラブラーボとします。

◎3 オペラブラーボ
○6 ケイアイドウソジン
▲9 キャプテントゥーレ
△4 サンライズべが

3連複 box3-6-9-4 @100×4
3連単 3,6→3,6,9→3,6,9,4 @100×8 

合計 1200円
 
【プロキオンs】
こちらは大きく穴狙いで 忘れた頃の地震と武幸四郎という感じで
◎14フサイチセブン
○2 ケイアイガーベラ
▲8 トーホウオルビス
△3 ドスライス

3連複 box14-2-8-3 @100×4 


夏金

春天(春の天皇賞)・秋天(秋の天皇賞)ならぬ。。。

冬の金杯・夏の金杯。。。


今週は、七夕賞が 例年の福島では無く 小福島コース 中山競馬場で行われる。

G3のハンデ戦 芝2000mなんて 正月の「金杯」ぐらいしか無いでしょう。。。

ここは一つ夏の金杯という感じで予想します、、、か


では 本家 「金杯」の特徴は。。。

種牡馬:サンデーサイレンス、アドマイヤベガ など
母父:BeMyGuest、サンデーサイレンス
騎手:川田、藤田
斤量:55.5~57kg
調教師:橋田満
前走:阪神 芝1800m、中山 芝1800m
人気:1,3人気
ローテ:3~4週


キャプテントゥーレは適鞍だけど、斤量との戦いで58.5kg 重すぎるとも思えないが 1人気なら本命にはしたくないという所。。。

金鯱賞 組は 評価上げたいところで、人気出なければ 夏馬 サンライズベガに注目!

max0.14μs/h

昨日 友人が 「ガイガーカウンター」を持ってきた。。

家の周辺と中を適当に測ってみましたら、、

いきなり玄関で 0.2μs/h(マイクロシーベルト/時間)と出たので!!

ドキッとしましたが、、再度電源を入れ直した結果 は 最大でも0.12μs/hで 少しホッとしました。。
その後家の周辺でホットスポットが無いか測りましたが、maxで0.14でした。

それでも、長野県が発表している 空間放射線量は 0.05μs/h以下ですから 測り方の差なのか?
計器の差?なのか  随分とアバウトなとらえ方が必要ですね。。。

0.3μs/h 以下であれば 年間でも3ms/h超えないので ひとまず安心しとくしか無いですね

勿論、食べ物や飲み物から入る内部被ばく量は 合算していかないといけないのですが、四六時中気にしていなければいけないのかどうか?ぐらいの目安にはなりますね。。。

どうやら、1台 購入しておいた方が良さそうな感じですので 競馬で儲けて買うことにします。


先週の 宝の山記念では、掲載した予想以外のアーネストリーの単勝馬券が少し 当たりましたのでそれを元手に
10万円にして 放射能測定器を1台購入しようと思います。

ここは長野県で 福島からは200km以上離れているわけですが、乳飲み子 含めて3人子供がいますので 用心に超したことは有りませんね。。。

「ただちに 影響が有ります!と言われてからでは 逃げる事もままならないですからね」

先日 仕事で 福島県出身の方と お話しする機会が有ったのですが 正直な気持ちは
ただ一つ「なんて事してくれんだ!生まれ故郷を台無しにして。。。」と言っておられました。

東電や政府の方々は 自体の終息も大事ですが 当該地域の関係者に気持ちも考えてあげて欲しいと 思いました。 今20代、30代で 都会で働いている人達が近い将来 Uターンする計画を一瞬にして無にしたわけですから。。。 平凡な庶民にこそ残酷な仕打ちですね。。   原発人災は。。。

宝の山記念

絶好の枠を引き当てた2頭だが、、、すでに6歳馬ということもあり

並み居る強豪との比較では、善戦止まりという評価が妥当だとは思うのだが、、

2頭が織りなす逃げ、先行のペースが絶妙であれば 後方勢の末脚が不発ということも考えられる。


◎1ナムラクレセント
○2アーネストリー
▲3ルーラーシップ
△4エイシンフラッシュ

ブエナビスタはそろそろ お休みでいいのではないでしょうか。。。安定感は随一ですが、どこが目標なのかがわかりにくいレース選択でもありますね。